人気の脱毛器を辛口女子が徹底比較!おすすめランキング第1位

美容
編集&ライター:あいぼん ♀ 編集&ライター:あいぼん ♀
age:30|独身|【category】美容、健康、money、車

・プロ仕様に近づく家庭用の脱毛器!

脱毛シーズンは夏ではなくて秋冬が基本です!しっかりと秋冬に脱毛ケアして、露出の多い夏シーズンにはツルツルお肌でいたいですよね。

脱毛といっても、多くの女性はエステ店に通ったご経験があると思いますが、エステサロンでの脱毛はすでに主流ではありません。いまは家庭の環境下でも充分にクオリティの高い脱毛ができるようになりました。 電機メーカーや美容器具専門メーカー各社こぞって家庭用の脱毛器を開発(リリース)してから、脱毛は家庭でも充分にエステサロン並みのケアができるようになり、その驚く機能は年々パワーアップされ、とくに機能、性質などは想像以上のハイレベルな脱毛が家庭で堪能できてしまうんです!(編集部女子も知りませんでした。。汗)

・脱毛器に対する疑問を検証!

女性にとって脱毛は切っても切れないスキンケアの1つですが、それだけにエステ店での高額な脱毛ケアにウンザリしてしまっている女性も多いのではないでしょうか。

そこで家庭用の脱毛器に注目してみても、「どの脱毛器がどう優れてるのか?」「エステ店との差は?」「安全面は??」などなど、購入したくても疑問ばかりが先行して、なかなか脱毛器にふみだせないでいる女性も多いはず。 そんな悩んでる女性のために、リアボリ編集の辛口女子たちで人気の脱毛器を選んで、それをいろいろな角度から比較してランキング形式にしてみました!もちろん、おすすめの脱毛器から、エステ店との違いなどもまとめましたのでご覧ください。

脱毛器にするメリットとは?

◆脱毛器のメリット

安く脱毛できる

もちろん脱毛器のメリットというのは非常に多いのですが、なんといっても『金額面』でしょう。
エステ店との比較を下にまとめてみましたので、ご覧ください。

全身脱毛を「年/12回」した場合

【有名某エステ店のプラン】

  • キャンペーン適用時
    →「脱毛:12回|20〜30万円」
【脱毛器(ヤーマン製/レイボーテグランデ)】

  • 本体価格
    →「9万8千円/全身750回分」
  • 「全身脱毛1回/約240円」と換算し、、、
    →「脱毛:12回|2,880円」

ご覧のように、圧倒的に脱毛器のほうがエステ店で全身脱毛するよりも安いです。

好きな時間にできる

エステ店だと初回脱毛ケアをしたら、次回からは継続的にエステ店へ通わなければいけません。しかも予約枠は自身にて確保しなければいけないケースが多く、毛周期にあわせて約2年間のケアが必要になります。金額的にも時間的にも制限されるため面倒くさいです。

脱毛器であれば、メーカー推奨のスパン(月/約2〜3回)を守っていれば、自分の都合いいタイミングで自宅にて脱毛ケアできるので本当に気楽です。

脱毛効果が早い

これはメーカーによっても異なりますが、市販の脱毛器の多くはワンシーズン(半年〜)くらいで脱毛ケアが可能です。エステ店などは人気があって予約をとるだけでも2ヶ月後とかになってしまうこともあるので、ツルツル肌までなるのに1〜2年ほど時間がかかってしまうケースが多いのです。

◆脱毛器のデメリット

プロの助言がない

エステ店などであれば、とうぜんエステティシャンによってカウンセリングを受け、自身のお肌にあった脱毛コースを選べます。脱毛器だとそうはいきません。あくまで説明書を見ながら肌の具合を見て脱毛器のケア周期や、強弱設定をしないといけません。ただし現在の脱毛器は、ひと昔前とちがって個人でも簡単にケアできる仕様にできてますので、肌の弱い方や毛質や毛量などに適したモードでケアすれば問題はありません。

毛の再発スパンが早い

家庭用の脱毛器なので、どんなにスペックが高くても、エステ店並みに脱毛の持続期間はないです。
脱毛器の場合は秋冬にケアして、夏ワンシーズンだけ乗り越えれるくらいの感覚でいれば良いでしょう。

デリケートゾーンのケア

いわゆる「IOライン」などのデリケートな部位は、脱毛器でもケアはできないことはありませんが、一応メーカー側としてはあまり推奨していないのが実情です。メーカー的にもデリケートな部位に関しては、免責事項として利用者の自己責任としておかないと何かあったときに責任もてない、、、というのが本音だと思います。各メーカーによって違いますので、購入前に公式HPで確認しておくことが大事ですね。

脱毛器「ワンポイントアドバイス!」

家庭用で販売されている脱毛器は自身にてケアをしなければいけませんので、脱毛器でお顔の毛を脱毛した際のアフターケアが必要です。とくに顔肌は敏感なので、かならず潤いや美容成分の補給などをしましょう!市販の美顔器と両立して使用するのがおすすめです。

関連記事

脱毛を秋冬にする意味とは?

①紫外線の少ない時期が大切!

脱毛は日焼けした肌上でケアするのは推奨されていません。もちろんエステ店でもおなじです。秋冬の紫外線の量は、春夏にくらべて圧倒的に少ないので、脱毛をする時期として最適なのです。

②毛周期を気にしよう!

脱毛をするにあたって超大事なのが「毛周期」です。
この毛周期の一定の周期にあわせて脱毛ケアは繰り返しおこないます。秋冬にてこの毛周期にあわせた脱毛ケアを半年間おこなえば、夏にはキレイになっているでしょう。それと脱毛器であれば自分の毛周期タイミングにあわせて好きなときに自宅で脱毛ケアできるので使い勝手は最適といえます。

③夏の脱毛の落とし穴!

あわてて夏前になってから脱毛をし始める人に多いのが、脱毛が雑になりムラができてしまうことです。
夏服は肌露出があるので、脱毛ケアの残し跡がないようにしようと、いちどで無理に広範囲の脱毛ケアをしてしまいがちです。秋冬におこなえば長袖で隠れるので、じっくりと部位の毛周期に沿ったケアができます。

脱毛器はいつまで使えるの?

まず脱毛器の寿命に大きくかかわっているのが「照射ランプ」です。
この照射ランプが切れれば、脱毛器は使えなくなります。
つまり、本体が故障したなどの例外をのぞけば、照射ランプさへ使えていれば半永久的に使えるということです。

つぎに照射ランプの寿命についてです。

照射ランプの寿命は脱毛器によって違う

照射ランプが搭載されている脱毛器でも、大きくわけて2パターンあります

  1. 照射ランプ(交換型)
  2. 照射ランプ(一体型)

①照射ランプ(交換型)

本体と照射ランプが取り外しできて、カートリッジとして交換できるので、照射ランプのカートリッジさへ買い換えれば、永久に使えます。ただし、もちろんですがカートリッジは購入しないといけません。
メーカーによりますが、1個のカートリッジで全身脱毛50〜100回くらいは可能なので、カートリッジを買わなくても数年は長持ちます。

②照射ランプ(一体型)

本体と一体型になっているので、照射ランプが切れたら本体も寿命ということになります。
つまり「使い切り」になるということです。
ただし、本体と一体型になっているの脱毛器の多くは、交換できないぶん照射ランプの寿命も長く設定されているモノが多く、生きてる間は使用できるぶんくらいの照射回数が可能です。

脱毛期間を知っておこう!

体の毛には『毛周期』があり、これは毛が生えて〜抜け落ちるまでの周期を言います。

毛周期は3期にわけられる

①成長期
毛が成長しはじめる時期
②退行期
成長した毛が抜け落ちる時期
③休止期
次の発毛をスタンバイする時期

①②③の中で、どの時期に脱毛器で脱毛すればよいかというと
ズバリ!①成長期です。

成長期に脱毛することで、休止期がつづき発毛するまでのスパンが長くなります。退行期や休止期は脱毛をしなくても、自然と脱毛してゆく過程時期なので脱毛するタイミングとしてはふさわしくないのです。

初回の脱毛で毛周期リズムを合わす!

成長期に脱毛ケアすることは上記でわかりましたけど、肝心なのは1回目の脱毛はどのタイミングですれば良いか?です。
まず初めて脱毛ケアするときの体毛の状態を見てみると、そもそも毛の一本一本の毛周期が違うため「毛周期がまばら」の状態にあります。

なので、初回の脱毛ケアは、いちど毛を剃り落としてから脱毛器でケアし、約2週間の間隔で数回ケアします。そうすることにより、全体的に毛周期が均等に並び始めるので、成長期になったら脱毛するリズムが作れるようになります。

毛周期は部位によって違う!

毛周期で注意しないといけない点がもうひとつあります。それは「体の毛が集まる部位」によって毛周期が異なるということです。
たとえば「髪の毛」「わき毛」「髭」「胸毛」「陰毛」などなど、毛の集まる部位はたくさんありますが、毛周期がそれぞれ違うので、脱毛するときはカレンダーなどに脱毛した日時を記しておくなりして、自身にて毛周期を把握しながら脱毛ケアしていく必要があります。

人気の脱毛器!おすすめランキング

ヤーマン社
「レイボーテRフラッシュPlus」

◆本体仕様◆スペック◆おすすめ機能
タイプ:光(高速フラッシュ)
照射ランプ:一体型
照射面:不明
サイズ:約W202xD63xH53 (mm)
質量:約360g(ランプヘッド含む)
消費電力:待機時約6W(瞬間最大約45W)
電源:ACアダプター式
製造国:日本製
WEB価格:48,000円(税抜)
照射レベル:5段階
美肌ケア機能:◎
連射機能:◎(0.2秒間隔)
両ワキ:約11秒
全身ケア:約5分
VIOライン対応:▲
・ヤーマン独自設計の波長域(580nm)で潤いを与え、ハリや弾力を高め、美肌効果をもたらします。
・簡単2モード搭載
 →広い範囲はローラーモード
 →狭い箇所はシングルモード
評価

とにかくスピードが売りの脱毛器です。ローラーモードは腕や脚の脱毛などするときには超早いケアが可能ですし、だからといって照射パワーもしっかりとあるのが凄いですね。照射面も大きくとられているのでストレスにならない脱毛が可能です。

ヤーマン社
「レイボーテ・グランデ」

◆本体仕様◆スペック◆おすすめ機能
タイプ:光(フラッシュ)
照射ランプ:カートリッジ型(約20万発)
照射面:12㎠ サイズ:W260 × H125mm (本体)
質量: 約2.5kg
消費電力:最大約380W
電源:ACアダプター式
製造国:日本製
WEBセット価格:119,800円(税抜)
照射レベル:10段階
美肌ケア機能:◎
連射機能:◎(0.5秒間隔)
両ワキ:約12秒
全身ケア:約5〜6分(約130円)
VIOライン対応:◎
・付属の照射ランプが3種類(ラージ、スモール、フェイス)
・ソフトモード搭載でデリケート肌に対応
・クイックモードでスピーディな脱毛も可能
・ヤーマン独自開発の美肌波長領域の採用
評価

家庭用の脱毛器では群を抜いてプロ仕様な「レイボーテグランデ」。おどろきのスペックは、全身脱毛750回も可能で、ストレスにならないほど大きな照射面積が広範囲な脱毛エリアをスムーズにケアできます。ランプの交換カートリッジは約20万発の照射が可能なので、1人だけではなく家族レベルで使えるほどのハイスペックモデルです。照射レベルも10段階と余裕があり、VIO含めた全身脱毛ケアが可能となり、エステ店顔負けの本格的な脱毛ケアが自宅で可能になりました。


「2PS CRYSTAL」

◆本体仕様◆スペック◆おすすめ機能
タイプ:光(フラッシュ)
照射ランプ:カートリッジ型(約100万発)
照射面:7.04㎠
サイズ:W240mm×D220mm×H165mm
質量: 約1.5kg
消費電力:不明
電源:ACアダプター式
製造国:韓国製
WEB価格:64,630(税抜)
照射レベル:8段階
美肌ケア機能:◎(別売りカートリッジ必須)
連射機能:◎(4連射間隔)
両ワキ:約20〜25秒
全身ケア:不明
VIOライン対応:◎
・自動照射機能(オート照射)
・消音機能
・誤照射防止のスキンセンサー
評価

旧型の2PSがパワーアップしてリリースされた「2PS CRYSTAL」。照射面積が大きくなり、照射スピードがアップされました。照射ランプも100万発照射の耐久もクリアしてるなど、末長く使いたい人にはお得な脱毛器です。


「LAVIE」

◆本体仕様◆スペック◆おすすめ機能
タイプ:光(フラッシュ)
照射ランプ:カートリッジ型(約10万発)
照射面:7.4㎠
サイズ:224(W)✕98mm(H)✕254(D)mm
質量:2.1kg(本体)
電源:AC100V-240V 50/60Hz
製造国:日本製
WEB価格:39,800(税抜)
照射レベル:7段階
美肌ケア機能:◎(別売りカートリッジorセット購入)
連射機能:◎(2〜5連射切替)
両ワキ:不明
全身ケア:250回分
VIOライン対応:◎
・モードボタンで2連射と5連射の照射が選べる。
・オートモードで自動照射機能
・ミュートモードで消音機能
・スリムカートリッジで指やデリケートゾーンなどケア
評価

デザインがスタイリッシュです。連射モードが2種類で選べるのも使い勝手の良い高評価。本体価格も手頃な3万円台(税抜)〜とお得で、美顔用カートリッジや指やVIOなどに役立つ「スリムカートリッジ」が付属されたセットも4万円台で販売されてます。照射出力も7段階と充分なスペックもあり、非常にコスパの良い脱毛器だと思います!


「スムーススキン MUSE pro」

◆本体仕様◆スペック◆おすすめ機能
タイプ:光(フラッシュ)
照射ランプ:一体型(約40万回)
照射面:3c㎥(30mm×10mm)
サイズ:不明
質量:約370g(本体)
電源:DC24V 2.5A
製造国:イギリス製
WEB価格:68,000円(税抜)
照射レベル:10段階
美肌ケア機能:✖︎
連射機能:◎
両ワキ:不明
全身ケア:週1ケア/5〜6年分
VIOライン対応:▲(Vのみ)
・肌の色を計測して自動的にパワー調整する 「スキントーンセンサー」
・敏感肌にも安心な「ジェントルモード」
・全身ケアを可能にする「連続照射モード」
評価

メーカであるイギリスのサイデン社は元々医療機器メーカーのため、商品のクオリティーや耐久性には定評があり、海外製の脱毛器だからといっても不安はありません。しかも2年間の保証付きで電話窓口も日本にあるので商品に関してのアフターケアも良い印象です。機能的には日本で売られている脱毛器よりも自動調整がメインになるので自己調整が必要なく脱毛器まかせで肌に優しい医療機器メーカーならではのケアできるのは嬉しいです。


「トリアパーソナルレーザー」

◆本体仕様◆スペック◆おすすめ機能
タイプ:ダイオードレーザー技術
照射ランプ:なし(半永久的使用可)
照射面:不明
サイズ:不明
質量:584g(本体)
電源:充電式
製造国:アメリカ製
WEB価格:¥54,800 (税込)
照射レベル:5段階
美肌ケア機能:✖️
連射機能:✖️
両ワキ:10分
全身ケア:不明
VIOライン対応:▲(Vのみ)
・アメリカのFDA認可
・クリニックで用いるダイオードレーザー技術
・自動照射機能
評価

日本国内では開発がむずかしいクリニックなどで用いられるダイオードレーザー技術を家庭用に開発された脱毛器です。機能、性能面からいえば、体の大部分をケアするよりも脇毛、Vライン、指毛など毛の生えるピンポイントを根こそぎ脱毛ケアできるイメージです。ピンポイントを集中的にしっかりと脱毛したい人におすすめです。

あいぼん

13,440 views

温泉旅行とドライブが大好きな"あいぼん"です♪ ひとりドライブで首都高を突っ走りますが、走り屋さんじゃありません(汗)ビビりです。。 好きな話題は美容アイテ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

サイトメニュー一覧