鍼灸師が教える!おすすめ小顔ケアと女性に役立つツボ3選

美容

女性だと誰もが一度は気にしたことがあるであろう「顔の大きさ」問題。

普段鏡で見るとあまり気にならなくても、写真を撮ったり友人と並ぶと
『あれ?私の顔って普通より大きい!?』とがっかりすることありますよね。

写真は一歩後ろに下がって写って少しでも小さく見せようとしたり…やったことありますよね。

手っ取り早く小顔になりたい!

だからと言って、小顔矯正や今流行っている美容鍼も痛そうだし
『ちょっと怖いな~』
『手を出しにくいな~』
そう思う女性も多いはずです。

今回はそんな顔の大きさに悩む女性に
おうちで出来る簡単な小顔ケアと、実際に鍼灸師が美容鍼灸治療で使っている
「小顔に役立つとっておきのツボ」
をお教えいたしますね。

なぜ顔が大きく見えるのか?その原因を紹介しながら
ケア方法をお伝えしていきますので、最後まで見てみてくださいね♪

顔が大きくなる原因とは?

むくみ

顔がむくんでいると膨張したように見えて、
顔が大きく感じてしまいます。
前日に飲み会でお酒を飲みすぎたり
寝る前にお菓子や夜食を食べてしまったりすると
翌朝顔がパンパンなんてことありますよね。
しかしむくむ原因は、塩分やアルコールなどの摂りすぎだけではありません!

  • 睡眠不足
  • 冷え
  • 運動不足
  • 疲労

などが考えられます。

結構当てはまることはありますよね?
規則正しい生活が出来ていないと、代謝が低下して老廃物が溜まりむくみに繋がります。
東洋医学的に言うと、水分は栄養物を全身に巡らせ、体温調節を行うなど生命活動には必要不可欠なのですが、上記の原因によって水分の巡りが滞り体に溜め込んでしまうと一変して、むくみとなってしまうのです。

朝起きると別人のように顔が大きくむくんでしまう・・・そんな方にはこちらのケアをおすすめします。

おすすめケア方法
  1. 手をグーにして顎先から耳下に向かって2~3回流す。
  2. 耳下に溜まった老廃物を、手をグーにしたまま首筋から鎖骨に向かって下に降ろす。
  3. 鎖骨に降ろした老廃物を、鎖骨の中央に手のひらで流す。

この工程の中で、ごりごりっとした感覚があればそれはむくみの元である老廃物の可能性が高いです。
老廃物が溜まっていると、痛く感じやすいので詰まっているところがとてもわかりやすいです。
皮膚を強く引っ張ってしまわないよう、クリームや乳液などをたっぷりつけて行いましょう。
しっかり流したいからといって強く行うのは厳禁ですよ!

気持ちいい程度の力でも、きちんと老廃物は流れてくれますのでご安心ください。

むくみに悩む女性におすすめツボは・・・

【天容(てんよう)】

首すじの筋肉の耳の下にあるツボです。
このツボを人差し指で、5秒間押して離すのを3回
気持ち良い程度の力で押してあげましょう。
朝起きて、スキンケアをした後におすすめケア方法と
一緒にやるとむくみが取れてすっきりしたお顔になりますよ。

エラ張り

普段生活している中で、知らない間に噛みしめているってことはありませんか?
仕事中にパソコンを触っていたり、何かに集中していると起こりやすいです。
また、寝ている間に日中ストレスがあったりすると歯ぎしりのような形で、噛みしめてしまうことも。
エラの筋肉は「咬筋(こうきん)」と言い、普段から日常的に使用する頻度が高い筋肉なのです。
ご飯を食べるときに、癖で片方だけで噛んでしまう人も、この咬筋が硬くなっているはずです。

噛みしめや使い過ぎにより、エラの筋肉だけが発達することで顔が大きく見えてしまいます。
咬筋が発達しすぎることで顎関節症を引き起こすことがあるので、しっかりとケアすることが大切です!

おすすめケア方法
  1. ぐっと噛みしめて、筋肉が盛り上がっている所を確認する。
  2. その部位に人差し指・中指・薬指の3本を添える。
  3. そのまま上下に動かす。

※円を描くように回すのではなく、筋肉の走行に沿って上下に動かすのがポイントです!

指を置く位置を少し上にずらしたりして、咬筋を全体的にほぐしてあげましょう。

エラ張りに悩む女性におすすめツボは・・・

【頬車(きょうしゃ)】

あごの先端と耳たぶの下端との中間のエラの角にあるツボ。
咬筋がこっている人は強く触ると、つーんとした痛みを感じる部位です。
人差し指で、気持ち良い~痛気持ち良い程度の力で5秒間押して離すのを3回してみてください。
凝り固まった筋肉を圧迫することで、血流量がUPし咬筋が柔らかくなります。

たるみ

疲れている時、鏡でふと顔を見ると『なんだか頬周りがたるんでボテッと見えるな~』なんて思ったことはありませんか?

普段笑ったり怒ったりするときに使っている表情筋は、実は全体の20~30%くらいしか活用できていません。

そのため表情筋が衰えて、たるむことによりお顔が大きく見えてしまうことがあります。
筋肉は脂肪の奥の方で脂肪や皮膚を支えているので、筋肉が衰えてしまうと、その上にある皮膚を支えきれなくなって、だらーんとたるんでしまいます。

なので、表情筋を意識して使わないと年々衰えていってしまうのです。

ブルドックのようなたるんだ大きいお顔には、なりたくないですよね!
そんなたるんで大きく見えるお顔にはこちらのケアをおすすめします。

おすすめケア方法
  1. 上を向きます。
  2. 上を向いて首の前側の筋肉が伸びている感覚を意識します。
  3. その状態で口の中で、舌を歯に沿わせながらぐるぐると回します。
  4. 右回し・左回しをそれぞれ10回ずつ行います。

このケアは上を向いて舌を動かすことでフェイスラインがすっきりとし、舌を回すことによりほうれい線などの口周りのたるみに効果があります!
ポイントは、疲れてきて舌がだるくなっても時間をかけてでも最後まで動かすこと!
何日か続けていると、たるんだ頬周りがキュッと上向きになって効果を感じやすいですよ。

たるみに悩む女性におすすめツボは・・・

【翳風(えいふう) 】

耳の付け根の後ろに位置するツボで、口を開けるとへこむ部位です。
このツボは、たるみだけではなく肩こりや顔のむくみにも効果があるツボなので、普段から触っておくと体に良い効果をもたらします。
このツボも人差し指で、気持ち良い~痛気持ち良い程度の力で5秒間押して離すのを3回してみてください。
フェイスラインや首肩周りが血行が良くなり、すっとする感じがしてきたらOKです。

まとめ

今回は、女性が気になる『小顔ケア&おすすめツボ』についてご紹介していきました。

顔が大きく見える原因は、

・むくみ
・エラ張り
・たるみ

この3つが大きく関係しています。

これをクリアすることが小顔への近道なのです。
骨格は変えることが出来なくても、日々のケアで小顔に見せることが出来ます。
生活習慣を整え、身体全体の巡りが良くなることも小顔への一歩ですので、日々のケアと生活習慣の乱れを整える意識をしてみてくださいね。

ケアとツボ押しですっきり小顔を目指しましょう!

「小顔」に関するおすすめ記事!

KAZUKI

87 views

自分自身が鍼灸治療を受けて、効果に感動し働きながら鍼灸師の資格を取得。 現在美容鍼灸サロンにてたくさんの女性を健康的に美しくなるよう導いています。 美容や健...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

サイトメニュー一覧