仮想通貨って何?女性にも大注目の仮想通貨をわかりやすく解説!

財テク

仮想通貨を知ろう

仮想通貨っていったい何だろう?

 

まず仮想通貨って何か感覚的に、
知っておきたい事をご紹介
通貨というほどですから、実際に、
【ショッピング】【食事】等に使えるのかな?

天使の声
答え:一部使える通貨も存在しているんです!

ネットショッピングなら【DMM.com】
実店舗なら【ビックカメラ】
使える店舗は増えていっています。

天使の声
これはビットコイン(仮想通貨の一つ)の例です。
すでに生活で使用出来る物になっているんですねー

日本でも認められている仮想とはいえ立派な通貨です。
価値により、日本円やドル等の通貨に交換もできます。

いちばん有名な仮想通貨の【ビットコイン】以外にも
1500種類以上が存在します。
中には全くまだ価値のない通貨も存在します

Googleが出資して作られた
「リップル」という通貨もあります。
送金時間が4秒程度と高速で
銀行間の送金、家庭に使われる通貨として
手数料が最大限に抑えられるという事で
話題に通貨もあります。

ビットコインの通貨送金速度は20分~です
この事からも、リップルの速度は驚く速さです
この様に、使われる用途や機能を売りに
評価され通貨の価値が上がっていくのですね
各通貨ごとに特色や機能を付け価値を持たせる為に
通貨が日々作られている。膨張期時代ですね

実際のお金や電子マネーとは違うの?

実際のお金は国(政府)が
発行を増やしたり減らしたり管理してる事は
ご存知ですよね
発行数も政府が決めており上限がありません

仮想通貨は、管理している機関がないこそ
発行の枚数には上限があります
その事により通貨の価値の急落を防いでいます

使われ方はそれぞれほぼ同じ役割です
決済したり貯金したり投資したりになります。

電子マネーと違うのは
電子マネーは一度購入すると
日本円など現物に戻すことができません
仮想通貨は可能になります。

実際のお金や電子マネーは
現物として(紙幣)(硬貨)(カード)がある代わりに
仮想通貨は、ただのデーターのみとなります。
只のデーターであるという事で、しっかり管理していないと
失うデメリット感がありますね

仮想通貨はどうやって発行されているの?

上記でのご説明の通り
仮想通貨には中央管理者がいません
ではどの様に、通貨が発行されているのでしょうか?
「ブロックチェーン」という技術を
ネットワーク上で、監視して通貨がいつどうやって
誰が誰に送金したか等の膨大なデーターを
演算計算するプログラムで出来た
一つの塊を1コインになります。
管理者がいないとありますが、
生成にかかわっているすべての記録
「ブロックチェーン」で監視されていることになります。

実際に仮想通貨を手にするには

日本円で購入する

仮想通貨を購入するには、
仮想通貨を取り扱う取引所で購入する方法
あります。

株を購入するイメージと同じです。
購入したい取引所で口座を開設し
日本円を送金して希望の仮想通貨を
購入し保有することが可能です。

代表的な取引所

「GMOコイン」「コインチェック」「ビットバンク」
などがあります。
取引所により。扱う通貨や手数料やサービスが異なります。

仮想通貨を発掘?

仮想通貨には
PCのスキルなどが必要ですが
パソコンの演算力を使い
1-3で説明した。「ブロックチェーン」を
監視する計算に貢献するとその貢献度で
仮想通貨を報酬として貰える
「マイニング」と呼ばれる方法もあります。
プログラムを動かす知識や電気代など
いろいろな課題があります。
一般的にこのマイニング方法を
POWマイニングと呼び仮想通貨の話題の
一役買ったシステムとも言えます。

仮想通貨の保管場所は?

皆さんの実際の日本円ですと
銀行への預金、家の金庫、お財布の中
の様に大切に保管されていると思います。

「仮想通貨はどうするのかな」?

1)自身のPC,携帯で保管できるアプリ
2)オンライン上の専用サイト
3)USBの様なハードウォレットと端末
4)取引所へ預けておく

大切な資産ですから
財布落としちゃったとか泥棒に入られた!
みたいな出来事が、実際のお金のより
起こりやすい事が、仮想通貨のデメリットな
所でもあります。

実際のお金でもそうですが危機管理、
防犯が、仮想通貨にも必要です。

PC上ですと、ネットワークから
盗難されることはありませんが
取引所などでは実際に「ハッキング」
被害にあって仮想通貨を失った事件もあります。

PCが壊れたりする事も
通貨を失うことになります。バックアップ
など厳重な管理が必要ですね。

取引所での仮想通貨の相場

仮想通貨を使用

仮想通貨のメリットとして

ネットを使用しどこでも使用することが可能
取引がスムーズかつ手数料が安く済む事です。
また仮想通貨はデーターですからiphoneの更新の様に
新しいサービスや機能をアップデート出来る

日本円で買い物をするときは100円は100円の価値
いつでも購入できます

仮想通貨は、相場の動きが大きく
1ビットコイン30万の時や28万の時
購入時の相場での価値での買い物になります。
ネット上で購入し日本とアメリカで買い物をすると
日本円でしたら手数料だけでもかなりの金額になりますが
仮想通貨ではその手数料が画期的に安く済みます
ネット上の世界で監視されているデーターだから可能な事です。
今現在はそのため買い物など仕様より
投資目的に大きく使われている事実もあります。

取引所で通貨売買

今現在、「仮想通貨」が話題なのは
資産が何倍にもなりうる可能性がある
という事が話題性を占めているのも一部です。

実際にビットコインが最大1コイン
150万円に達したこともありました。
いわゆる仮想通貨バブルです。
まだまだ発展途上中で、今現在下降気味ですが
このまま下がるだけではない期待感や将来性があるからです。
ここ最近2017年中盤程から大きな変動はないですが
変動性が激しいこともあり

通貨自体の価値が定まらずここも、仮想通貨に対する
リスクでもありメリットでもあります。

保有して資産として使う際に半額になっていた。
という例やそれと反対に倍になって取引所で売買した
高くなった時に資産化を狙い資産が増えてるケースも多く
「億り人」と呼ばれる。資産が億に到達した人たちも存在します

株やFXの投資のようなものですが
価格の上がり方が100以上になっているなどの実例などから
仮想通貨人気に拍車が付いた一例です。

  

– まとめ –

仮想通貨意外と簡単でしたね
安全か危険かは、それぞれの項目で説明いたしました。

仮想通貨に皆さんが持つ不安要素は
資産を失うのではないかな?胡散臭いなあ~などだと思います

実際、偽物の仮想通貨の存在もあり
取引所でハッキング事件で通貨盗難にあった事例などもあります

ただそれは「仮想通貨」が危険なのではなく
資産の不安については、ウォレットでの管理を個人でしっかりする
取引所に預け信用しきらない
(日本円なら銀行は安全ですが)
投資目的で、資産以上の購入や賭けに出ない。

話題性からお金が全世界から集まっているため
そのことを悪用に使う集団も存在しているのが事実です
これは「日本円」「株」等にも起こりうる危険性と同等と考えられます。

安全性と危険性を知ったうえで
未来の通貨の一部となろうとしている通貨に今のうちに
保有してみて触れてみるのも1案かもしれないです。

大きな違いは、現物が存在せずデーターだという事
それにより大きなメリットもあるという事です。
仮想通貨についてまとめました。

アキラ

51 views

仮想通貨の市場を要チェック!! 元スポーツマン(バスケット)とお酒を愛する。お得になれる情報を わかり易くお届け出るように心がけ記事を配信し、楽しんでいただ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

サイトメニュー一覧