イケてる女の「イケてる車」選び!おすすめベストカー!最新版

女のイケてるクルマ!トップ画像
趣味

z女性目線でわかりやすく「車」の基礎知識〜あなたにピッタリな車まで、リアボリ編集部きっての車女「あいぼん」がわかりやすく解説いたします。男性にモテる車や、独身女性が乗っていて格好イイ車、育児に適した車などなど、ご紹介!もちろん車選びで大切な基準や、旬な情報もお届けいたしますので、車選びにお困りの女性は一度ご拝見ください!

女性にとっても車選びは大切っ!

冬休みが終わるころになると、免許取り立ての学生さんがワクワクしながら車選びを楽しまれてるのではないでしょうか!

そもそも女性にとって車選びって、興味が薄いぶん最初に買う車が適当になりがち。

「なんとなーくカワイイから」
とか
「ト●タが有名なメーカーだから」
とか、、、。

喜ぶ女性

高いお買い物なのに、意外とテキトーに選んでる女子は多いですよね。

ただ、それは女の子なら仕方のないこと!

気にしない気にしない!

ここでは、車選びの基礎的なことや、女性にとっての車選びの大切な基準だったり
イケてる女性に乗ってほしい車イケてる子連れママに乗ってほしい車など、車好きなワタクシあいぼんが、ノリノリでご紹介していきたいと思います♪

イケてる女性におすすめのイケてる車!

◆子連れのママにおすすめのイケてる車!ベスト3

【BMW】
2シリース|グランツアラー
bmw2シリーズ グランツアラー
・車種:ワゴン(6〜7人乗り)
・エンジン:ハイオクガソリン、ディーゼル
・駆動方式:FF、4WD
・燃費の良さ:21.3 km/L
・安全装備:ドライビングアシスト搭載
・価格:4,100,000円〜
おすすめのイケてるポイント
あの走りにこだわったメーカーもファミリータイプのモデルをリリースしてます。それがこのグランツアラーです。グランツアラーは3列シートなので、最大7人まで乗れますが、ミニバンではなくワゴンに近い形状なので、実質は3列目シートを倒して荷室を大きく使える4人家族向けだと思います。注目はなんといっても走りのBMWだけあって、そこらへんのファミリーカーとは違う乗り味を堪能できるでしょう。馬力やトルクも力強いので4人家族で荷物を多く積んでもスイスイと走ってくれます。ドイツ車ならではのディーゼルエンジンも用意されているので燃費も良いですし、見た目も格好いいの一言!BMWは意外と女性から人気あるようで、シティ派なママにぴったりなラグジュアリーファミリーカーといえますね。
【ルノー】
Kangoo(カングー)
ルノーkangoo
・車種:ミニバン(4〜5人乗り)
・エンジン:ハイオクガソリン(1.2Lターボエンジン)
・駆動方式:FF
・燃費の良さ:14.7km/L
・安全装備:オールイン・セーフティ搭載
・価格:2,499,000円〜
おすすめのイケてるポイント
フランス車らしいお洒落でありながらも、国産車以上に子供を持つママ目線にたった機能が満載です。そして何よりも5人乗りでありながら、荷物の積める量が大きいので家族の荷物もたくさん積めながらも、決して大きくないサイズなので運転もしやすいです。カラーバリエーションも日本車ではだせない原色系の、いかにもフランス女性が気に入りそうなデザインとフォルムはママが乗ってたら、子供の友達からもウケは良さそうです!お洒落ですっ
【フォルクスワーゲン】
Sharan(シャラン)
Sharan
・車種:ミニバン(7〜8人乗り)
・エンジン:ハイオクガソリン(1.4Lターボエンジン)
・駆動方式:FF
・燃費の良さ:15.0km/L
・安全装備:オールイン・セーフティ搭載
・価格:3,649,000円〜
おすすめのイケてるポイント
国産車とは目線を変えてご紹介したいのがこのシャランです。車内装備などは国産車のような家族仕様とまではいきませんが、ドイツ車らしいスタイリッシュなフォルムとカラーパターンや、内装デザインはドイツ車らしくシンプルで大人らしさを感じられます。サイズも大きく国産車でいうとLLサイズのミニバンになりますが、国産車のミニバンのデザインが苦手なパパやママにはぴったりのスタイリッシュでクールなミニバンです。またドイツ車らしくターボエンジンなので、大きくても走りは軽快でスムーズです。

◆国産車にこだわりたいママにおすすめの車!

【ホンダ】
ステップワゴン
・車種:ミニバン(6〜7人乗り)
・エンジン:ガソリン、ハイブリッド
・駆動方式:FF、4WD
・燃費の良さ:〜最大25.0km/L
・安全装備:Honda SENSING(ホンダ センシング)搭載
・価格:2,455,920円〜
おすすめのイケてるポイント
とにかく家族専用に作られているほど車に施された装備が充実しています!日本車ならではの、日本の育児パパママ目線で作られているだけあって超便利な機能満載!とくに荷室の『わくわくゲート』は必見!車内も広々だが、車幅も1800mm以内に収められた日本道路事情にマッチしたサイズをキープしているので狭い道が苦手な女性でも運転しやすいです。燃費もよいので経済的にも安心できて、見た目もギラギラしていなく落ち着いているミニバンなので家族カーでは大人気車です!
【トヨタ】
NOAH(ノア)
noah
・車種:ミニバン(7〜8人乗り)
・エンジン:ガソリン、ハイブリッド
・駆動方式:FF、4WD
・燃費の良さ:〜最大23.8km/L
・安全装備:Toyota Safety Sense 搭載
・価格:2,466,720円〜
おすすめのイケてるポイント
ホンダがステップワゴンなら、トヨタはノアが子連れママにおすすめのミニバンです。トヨタの安全装備も標準搭載ありで、充実した室内空間は家族のための機能満載です。エアコンも「ナノイー」搭載で肌や髪に優しい弱酸性の空気環境を作り出します。それ以外にもあってほしい機能が贅沢に使われているのは流石っトヨタ!車幅も1800mm以内に収められ日本道路事情にマッチしてます。

◆友達とドライブしたいイケてる車!ベスト3

【マツダ】
CX-3
mazda cx-3
・車種:SUV(4〜5人乗り)
・エンジン:レギュラーガソリン、ディーゼル
・駆動方式:FF、4WD
・燃費の良さ:24.4km/L
・安全装備:i-Activesense搭載
・価格:2,127,600円〜
おすすめのイケてるポイント
ここ7〜8年くらいのマツダ車は見違えるほどスタイリッシュな車メーカーになりました。その象徴としてミニバンを製造してません。あくまでスタイルやフォルムと走りにこだわりを持つようになってからというもの、マツダというブランド価値がここ数年で急成長しております。そんな中で、はじめて車を買う女子にオススメしたいのが、このCX-3です。マツダの中では1番コンパクトサイズのSUVなので、運転の苦手な女性からも人気があります。コンパクトSUVなので見た目も派手ではなくクールな女性が乗ってそうな印象。それに加え、男性からも小馬鹿にされないようなスタイリッシュな外観は世界から美しいと賞賛されています。CX-3は「走り、燃費、デザイン、人気、価格」が高評価ですが、世界的には安全装備の機能も高く評価されてます。免許取り立てなら尚更、安全装備の充実さもポイントですよね。
【Jeep】
Renegade(レネゲード)
Jeep renegade
・車種:SUV(4〜5人乗り)
・エンジン:ハイオクガソリン(1.4Lターボ)、レギュラーガソリン(2.4L)
・駆動方式:FF、4WD
・燃費の良さ:10.4km/L
・安全装備:標準搭載
・価格:2,990,000円〜
おすすめのイケてるポイント
いま女性に人気の車は?と聞かれたら間違いなくSUVと答えるでしょう。女性だからこそタフな車に乗りたい願望が強いみたいで、とくにアメ車の「Jeep」は男女ともにSUV(四駆車)の憧れ的な存在ですね。ただしJeepは割と車体が大きいがために乗りたくてもなかなか日本の道路事情を考えると難しい点もありました。そんな女性におすすめのJeepがこの「Renegade(レネゲード)」です。Jeepの中で最もコンパクトながら、しっかりとした四駆機能はJeep上級グレードと同等で、しかもボディはタフで顔つきも良い意味でJeepらしい渋めのお顔。ついつい女性がうっとりしてしまうようなアウトドアな仕様もクールな女性を演出してくれ、友達にも評判よいのは間違いないです。価格もお手頃な価格帯でありながら、ひと昔前のJeepとは違い電子制御も最新なのも安心できます。
【トヨタ】
FJクルーザー
トヨタ FJクルーザー
・車種:SUV(4〜5人乗り)
・エンジン:レギュラーガソリン
・駆動方式:4WD
・燃費の良さ:8.0km/L
・安全装備:Toyota Safety Sense 搭載
・価格:3,492,720円〜
おすすめのイケてるポイント
まず女性に人気な理由は、車体が大きいのにイカつくなくカワイイデザインだということ。トヨタのエンブレム(車の前方にあるマーク)も丸の中にTじゃなくて、FJクルーザーは旧車感を出すために、あえてエンブレムは『TOYOTA』です。これがまた格好いいんですねー。目線も高くて運転しやすく、友達を乗せても頑丈で大きな四駆なので、まるで女性に優しい力持ちのような存在。カラーバリエーションも決して現代のメタリックはではなく古風なマットな色使いが人気なのもあります。大きい車を運転する女性って男性から見ても格好いいでしょ♪

◆センス良い!と言われたい女性におすすめの車

【フォルクスワーゲン】
Golf(ゴルフ)
フォルクスワーゲンgolf
・車種:ハッチバック(4〜5人乗り)
・エンジン:ハイオクガソリン
・駆動方式:FF
・燃費の良さ:19.1km/L
・安全装備:VWオールインセーフティ搭載
・価格:2,539,000円〜
おすすめのイケてるポイント
これは男女関係なく、なぜだかゴルフ乗りの人ってお洒落な人が多いです。アパレル系の方やデザイナーさんだったり、ミュージシャンの方などなど、、なぜか芸術肌の方から人気があるんです。その魅力はというと、「走って良し」「フォルム美しさ良し」「ドイツ車というステータス」「シンプルなインテリア」「車のスタンダード」など。中でも「車のスタンダート」という車の『お手本』のような存在であり続けてることも人気の理由です。気取らず、ギラつかず、落ち着きある、お洒落な車。それがゴルフの魅力です。コンパクトなサイズなのも女性は運転しやいし、それでありながら国産車のコンパクトカーのそれとは別次元の存在感ある車です。
【Audi】
Q3
Audi Q3
・車種:SUV(4〜5人乗り)
・エンジン:ハイオクガソリン
・駆動方式:FF、4WD
・燃費の良さ:17.4km/L
・安全装備:Audi アクティブセーフティ搭載
・価格:3,690,000円〜
おすすめのイケてるポイント
まぁAudi乗りは、誰からも格好いいと言われますよね。シンプルなのに、本当に格好いいフロントフェイスからリア(後部)にかけてはAudiの全てのモデルが美しいです。そんな中で、おすすめしたいのがAudiの中でもコンパクトなSUVの「Q3」です。ドイツ車のSUVでありながらもコンパクトなので、女性でも運転取り回しが難しくありません。インテリアもAudiはシンプルなので使いやすいですし、「Audiに乗ってる女性」てだけですでに格好いいですよね。もうとにかく周囲から格好いいねぇ〜と言われたいならAudiは固いメーカーだといえます。もちろん車自体の質感やポテンシャルは言うまでもなく高度です。

女性でも分かる車のカンタン基礎知識!

女性でもわかりやす〜く、車についてカンタンに説明していきますので、気軽に読んでくれたら嬉しいです。

まず、日本で売られてる車をカテゴリーで分けていきたいと思います。

①国産車と外国車

・主なな国産車(日本車)
トヨタ エンブレム

トヨタ

HONDA エンブレム

ホンダ

ニッサン エンブレム

日産

mazdaエンブレム

マツダ

スバル エンブレム

スバル

レクサス エンブレム

レクサス

スズキ エンブレム

スズキ

など

・主な外国車(輸入車)
ベンツのエンブレム

メルセデス(ベンツ)

BMWのエンブレム

BMW

Audiのエンブレム

Audi

ポルシェのエンブレム

ポルシェ

ワーゲンのエンブレム

フォルクスワーゲン

ジャガーのエンブレム

ジャガー

ランドローバーのエンブレム

ランドローバー

プジョーのエンブレム

プジョー

ボルボのエンブレム

ボルボ

アルファロメオのエンブレム

アルファロメオ

Jeepのエンブレム

Jeep

こんなとこでしょうか。

②車のタイプ

女性の方が買うであろうターゲットの車には「ボディタイプ」がさまざまございます。
それをわかりやすくカテゴリ分けしてみます。

「軽自動車」
軽自動車

日本の自動車の中で一番小さい車です。エンジン排気量660cc以下。エンジンも車両も小さいので街乗りに適してます。もちろん遠出もできますが、長時間の運転は疲れます。

「コンパクトカー」
コンパクトカー

定義はハッキリしないが軽自動車より少し大きくてセダン車より小さいタイプ

「セダン」
セダン車

ベーシックなタイプで、昔ながらのタクシーのような形で、3boxと呼ばれる「エンジンルーム、乗る車室、トランクルーム」とそれぞれ3に独立したタイプの車を主にセダンと呼びます。車高が高くないので運転動力性能にも安定しています。

「ミニバン」
ミニバン

よくママさんが子供を3〜4人乗せてる長方形型の大きな車で、日本中で一番というほどお見かけする車です。決して小さくない、、、いわば大きいモデルなのに、ミニバンと呼ばれてます。

「ステーションワゴン」
ステーションワゴン

セダンのトランクルームと乗る車室が一体となり、トランク部分の荷物を多く積める形状をしたモデルです。キムタクが乗っていたりと、一昔前は大ブームでした。今でも好きなファンは多くいます。

「SUV」
SUV車

一昔前でいう“四駆”なんて呼ばれていた、ボディが地上から高く荒れた山道や砂や泥道も走行できるモデルです。とは言っても、いまや大ブームのSUVであり、山道や砂などを走る人はほとんどいなくそのアウトドアでスタイリッシュなビジュアルと車内の天井や前後の広さも快適なのが大人気です。

「クーペ」
クーペ

車の後席ドアがなく、運転席と助手席、トランクルームの3ドアです。なので車内は狭いので、4名乗りだとしても、基本的には乗車2名がほとんどで、主に小回りが利くけどコンパクトカーや軽自動車なんかよりもスポーティなは走りが楽しめるモデルです。スタイルもコンパクトだけど洗練されていて格好いいです。

「オープンカー」
オープンカー

言わずと知れた屋根なし車です。とはいっても屋根は自動で動くタイプが多いのでご安心あれ!目立ちたい人、ドライブの風を感じたい人はコレ一択です!

ざっとこんなもんでしょうか。

③車選びのための主要知識

車を買うにあたって、まず基礎的な知識として知っておきたいのが、エンジンの種類です。
エンジンなんて皆同じでしょ?なんて考えていた人は大間違いです。
しかもエンジン選びで、あなたのカーライフが充実したものになるか左右されるほどなんです!(ちょい大げさw)
ここではエンジンによって使う燃料も違いますし、排気量(エンジンの大きさみたいなもん)も違いますし、駆動方式(駆動する位置)も違いますので解説していきますね。

・使用燃料
「ガソリン」

般的に国産車などの多くはガソリンという燃料を使用されている車がほとんどです。
(※東京都:2018年12月時点で「1ℓ/140円〜」)

「ハイオクガソリン」

国産の一部の車、外車の多くはハイオクガソリンを使用してる車が目立ちます。ハイオクガソリンはガソリンよりも約1割増の高値で販売されているので燃料代の出費が大きいとお考えください。
(※東京都:2018年12月時点で「1ℓ/155円〜」)

「ディーゼル」

国産車の一部車両と、外車ではメルセデス、BMW、ボルボ、フォルクスワーゲンなどでラインナップされてる車種に多く利用されています。日本と違い欧米ではガソリンよりもディーゼルが主要な燃料だったころもあるほど人気が高いです。メリットとしてはガソリンよりも約1.5割ほど安値で販売されており、トルクと呼ばれるエンジンの低回転域での動力パワーがガソリンよりもありますので、低速で走る街中での運転がスイスイ動いて楽だと言われてます。
デメリットは、ガソリン車よりも停車時にエンジン音がカタカタ鳴ってしまうこと。それと高速道路などで高回転のエンジンを回したときの力はガソリン車より劣ります。
(※東京都:2018年12月時点で「1ℓ/118円〜」)

「ハイブリッド」

燃料ではございませんが、これは電気の力とガソリンの力で動くシステムです。メリットはガソリンを半分しか使わないので、燃料費(燃費)が低く抑えられます。

「EV」

燃料は一切使わず、電気の力だけで動くシステムのことです。メリットは地球温暖化に配慮されていて地球にも優しく、もちろん車も燃料の煤などがついて汚れることはございません。それとエンジンではないので「ブォォォーン」という音が全く聞こえないので静かで振動もありません。デメリットは、比較的に高額な車が多いのと、電気の補充するスタンドが限られた場所にしかない点です(最近は増え始めこれからも増えてくようですが、、、)。

・排気量

車の話のなかで、よく耳にする「うちの車は2リッター車だけど、今度買うのは3リッター車がいいなー。」とか、何のこと?とお思いでしょうが、この2000ccなどの量を示す数値のことを排気量と言います。
排気量は、超わかりやすくいうとエンジン動力を示す数値と覚えておきましょう。 なので、当然数値が大きければその分、馬力やトルクの力も大きくなり、大きな重い車をスムーズに動かせます。

・駆動方式

車はエンジンが設置されている位置と駆動する車輪の箇所によって駆動方式が異なります。
主要の駆動方式はFF、FR、4WDです。(他にもあるけどとりあえずこの3つが主流)

FFは…前輪駆動(エンジンが前方にあり前輪タイヤが回ります。)
FRは…後輪駆動(エンジンが前方にあり後輪タイヤが回ります)
4WDは…四輪駆動(前後輪タイヤが回ります。)

FFのメリットは

駆動構造上、車内が広くとれます。直進の安定性もあります。走りの性能より利便性を追求している現在の国産車はFF車が主流です。

FRのメリットは

駆動構造上、ハンドル(ステアリング)をきるのが滑らかです。どちらかというと走りが好きな人向けな車です。スポーツカーなどは多くこの駆動方式を採用しており、ドイツ車のBMWなどは自社のラインナップにFRを用いるこだわりから「走る喜び」をテーマにして車作りをしているそうです。

4WDのメリットは

四輪駆動なので、滑りやすい道や、あしのとられやすい凸凹道などで活躍します。車種でいえばSUVなどのオフロード車に多く採用されてます。

④安全支援システムについて

ここ5年間で車に標準装備されるほど常識的な機能になった「安全支援システム」ですが、各メーカーによって、同じ機能でも呼び方が多少違ったりしますので、一般的な呼び方でご紹介いたします。

「アダプティブ・クルーズコントロール」

前を走る車と一定の車間を保って、自動で追従してくれる機能。
→高速道路のような曲がり角のない長い直線や渋滞時にアクセルとブレーキ操作がいらないので楽。

「自動ブレーキ」

停止している前の車に当たらないように、衝突間近で自動的にブレーキをかけてくれる機能。各メーカーごとで性能の精密性には差があって、車だけではなく人間にも反応するシステムもある。

「誤発進抑制制御機能」

駐車場などでシフトレバーの入れ違いやアクセルとブレーキの踏み間違いなどで、前進後退を間違え器物に衝突するのを防いでくれる機能。

「車線逸脱警報システム」

車が車線をはみ出しそうになったら警報がなりドライバーに知らせてくれる機能。

「レーンキープシステム」

車が車線をはみ出しそうになったら自動車を真ん中へ戻す。

「後側方接近車両注意喚起装置」

サイドミラーではとらえられない右左サイド後方部分の死角エリアに車がいたら知らせてくれる機能。

「自動切り替え型前照灯」

前方から対向車などが来た場合、自動でハイビームをロービームに変えたり、また対向車だけにライトが向かなくしてくれる装置。
→夜の走行はハイビームが基本ですが、なぜだか日本ではいまだにロービームが主流ですね

車を選んだときの基準例

上記のことをふまえた上で、車を買う基準の1つにすると選びやすいでしょう!
たとえば、

例1)

質問
Q:車両価格が安く、燃費がよくて、友達6〜7人乗れて、安全支援がしっかりしたカワイイ車!
回答
A:国産車の「ミニバン」で、エンジンは燃費のよい「ハイブリッド」、駆動は車内が広くとられてる「FF車」を選ぶとよいでしょう。
例2)
質問
Q:車内が静かで、燃費がよくて、少しラグジュアリーで、4人乗れて、動力にも優れた車に乗りたい!
回答
A:4人乗りだけど動力性能の優れた「セダン車」でも燃費と遮音も優れた「ハイブリット」を選びましょう!
例3)
質問
Q:燃費を気にせず、とにかく男に負けないくらいクールな女に見える車を選びたい!
回答
A:ドイツ車などの「クーペ車」や「オープンカー」を選んで、エンジンは「ハイオクガソリン」で、駆動は峠道などのカーブ道でも運転して気持ち良い「FR車」を選択し、スポーツな走りとラグジュアリー感を堪能しましょう!
例4)
質問
Q:燃費がよくて運転の目線が高くて、頑丈で安定した、家族で乗れるパワフルな格好イイ車!
回答
A:今大人気の「SUV」で、エンジンは燃費よくパワフルな「ディーゼル」、駆動は安定感ある「4WD」がおすすめです!
例5)
質問
Q:動力にも優れてるけど、たくさん荷物もつめて、家族4人乗車できる車!
回答
A:荷物も多くつめて、家族4人なら「ステーションワゴン」か「SUV」、駆動は家族が楽しめる車内空間が広い「FF車」を選びましょう!
例6)
質問
Q:運転に自信がないから小さい車だけど、家族(4人)が乗車できて、おまけに燃費も良い車!
回答
A:燃費が圧倒的によい「軽自動車」か、軽自動車より走りに力があるけど女性でもコンパクトで運転しやすい「コンパクトカー」を選びましょう!
例7)
質問
Q:トレンドをおさえつつ、ワイルドにクールに乗れる車!
回答
A:ここ10年で世界的に1番人気の「SUV」がおすすめです!

上記例のように、車種、動力燃料、グレード、駆動方式などをしっかり把握していると車は選びやすいですよねっ♪

あいぼん

18,395 views

温泉旅行とドライブが大好きな"あいぼん"です♪ ひとりドライブで首都高を突っ走りますが、走り屋さんじゃありません(汗)ビビりです。。 好きな話題は美容アイテ...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

サイトメニュー一覧