• HOME
  • ブログ
  • 旅行
  • 元旅行会社スタッフが教える!飛行機チケットをお得に買うおすすめの方法

元旅行会社スタッフが教える!飛行機チケットをお得に買うおすすめの方法

飛行機チケットをお得に買う方法
旅行

先日、両親とで家族旅行にいこうと、さまざまな旅行会社や、航空会社などの広告を見ながら、旅行の手配を検討していたんですけど、旅行するにあたって、飛行機チケットやホテルの手配ってどういう手配の仕方がいちばんお得なのか?とか、いつも疑問でした。

なぜなら友達とかの話を聞くと、『沖縄まで1万円程度で行けた!』とか『台湾旅行をパックツアーで3万円でいけた!』とか、どれを見てもそんな安く買えるとこなんてないじゃない!、、、と思ったことありませんか?

そこで今回は、リアボリ編集部が、じっさいに元旅行会社スタッフで今は専業主婦をされてるHARUKAさんに、いちばん値段の格差がはげしいとされてる飛行機チケットのお利口な買い方を勉強させていただき記事にまとめてみましたのでご覧ください!

旅行に安く行きたい! 航空券のお得な買い方とは?

『旅行に行きたい!』となった時、出来れば安く、お得に旅行したいところですよね。飛行機を利用する旅行となればそれなりの距離があるので、どうしても費用が気になってきます。現地でおいしい食事やショッピングを楽しみたいからこそ、旅費はなるべく抑えたい! というのが本音。
ここでは、国内航空券のお利口な買い方についてご紹介します。

航空券って、どこで買えるの?

・航空会社(JAL、ANAなど)
・旅行代理店(JTB、日本旅行など)
・旅行予約サイト(楽天トラベルなど)

主にこの3つがありますが、おすすめは『旅行比較サイト』の活用です。有名どころでいうとトラベルコ、フォートラベルなどのサイトが主流で人気ですが、もっと 限定的に見れる旅行比較サイト もあるので活用してみるのも良いでしょう。旅行比較サイトでは直接予約は出来ませんが、提携する航空会社のチケットを全て検索出来るので、最安値がどこか分かるのです! ひとつひとつのホームページをチェックするのは面倒ですが、これならひとつのサイトで値段の比較が出来るので時間の短縮にもなります。

大手航空会社

国内大手航空会社といえば、JAL、ANAのことを指します。利用したことがある方も多いのではないでしょうか。大手航空会社は料金が高いイメージがありますが、そんなこともないんです!割引をお得に活用すれば、かなりの安価で航空券を購入することが出来ます! それでは、大手航空会社をお得に利用する方法をご紹介します。

大手航空会社でのチケット手配【メリット】

大手航空会社でチケットを購入するとメリットが沢山あります。

 ・マイルが貯まる
 ・欠航などの際、他社便への振替が可能
 ・ドリンクサービスが無料
 ・早い時期から購入可能
 ・搭乗口が近いことが多い(路線による)
 

JALでは、+1000円で少し広めの『クラスJ』の席にアップグレードすることが出来ます。普通席より前方に設置されているので、搭乗もスムーズ。私も空いていればいつもクラスJにアップグレードしています。
 そして何より、マイルが貯まるのが大手航空会社最大のメリットです! 出張などで飛行機を利用する回数が多い人は、ひとつの航空会社に絞ってマイルを貯めることをオススメします。マイルが貯まれば特典航空券や座席アップグレード、お買い物なんかにも使えちゃいます。私はANAのネットショップでクリスマスケーキを注文しました。

早割

 大手航空会社でも、早割を使うと格安で乗ることが出来ます。ANA、JALでは75日前からの早割があり、日数が早ければ早いほどお得。しかし早割には枠があり、決められた日数を切っていなくても埋まってしまうことがあります。それと基本的に早割はチケットの変更不可なので、あらかじめ旅行の日程が決まっている方にはとてもオススメです。

なんと、ANAではマイレージクラブ会員限定で、355日前から予約出来る割引運賃が登場したそうです!夏休みなど先の旅行にピッタリですね!
大手航空会社の他にも、スカイマーク、スターフライヤーなどの中規模航空会社でも早割の利用がお得です!

株主優待割引

 早割が埋まっている……なんていう時に使える裏技が、『株主優待割引』です。
大手航空会社では株主に対して割引チケットをお渡ししていて、 基本運賃のほぼ半額で乗れてしまう のです。
「株主じゃなきゃ乗れないんじゃないの?」
そう思うかもしれませんが、株主以外でも乗ることが出来ます(公式HPにも記載があります)。 金券ショップなどで株主優待券が売られていますので、誰でも簡単に購入することが出来ます。 

 この株主優待割引は、同じ路線であれば予約変更可能です! 便を変更する可能性がある方にオススメの運賃です。ただし、割引を使える有効期限があるので券面をよく見ておきましょう。

その他割引運賃

障がい者割引
・『障がい者割引』は、障がい者手帳や療育手帳をお持ちの方が使える割引です。本人だけでなく、同伴の介護者1名も割引を受けることが出来ます。ただし早割の方が安いこともありますし、早割で乗っても介助サポートは受けられますので、安い方で乗るといいですね!
介護割引
・『介護割引』とは、遠方に住む家族の介護のために帰省する際に使える割引運賃です。親族として割引が認められる範囲が決まっており、事前に介護情報を登録したマイレージカードの取得が必要です。なんとこの割引は、搭乗当日まで予約可能! 急な帰省も安心です。遠方に介護帰省する予定のある人は、マイレージカードを作っておくと良いでしょう。
年齢割引
・他にも、「12歳以上22歳未満」の若者が対象の割引や、「65歳以上」のシニア層が対象の割引もあります。こちらは搭乗日当日、空席がある場合の割引になりますので、急な帰省などにオススメです。

LCC(格安航空会社)

 お得な航空券、と聞いて思い浮かぶのは『LCC』という方も多いのではないでしょうか。日本では「ピーチ」「ジェットスター」などの航空会社があります。日本人にはあまり馴染みのなかったLCCも、近年だいぶ定着してきたように思われます。LCCのメリットとデメリット、体験談から見るオススメ度をご紹介していきたいと思います。

LCCのメリット

LCCのメリットといえば、とにかく安いこと!
セールで爆安になることもあり、その価格は目を疑う程です。大手航空会社の一番安い早割でも、LCCの値段には勝てません。そのくらい安いのです。

LCCのデメリット

一方、LCCにはデメリットもあります。

・搭乗口、ターミナルが遠い
・座席指定が有料
・機内サービス(ドリンク含む)が有料
・受託手荷物が有料
・シートが狭い
・欠航時、他社便に振替が出来ない

 こう見るとデメリットの方が多いように感じますが、特に気にならないという人にLCCは最適です!
「座席の狭さにこだわらない!時間に余裕がある!荷物が少ない!」といった方には、お得でおすすめなので是非利用してみて下さい。

LCC搭乗体験談

私がピーチ機に乗った時の話をご紹介します。

3年ほど前ですが、大阪・関西国際空港〜福岡空港間を渡航する際にLCCのピーチを利用しました。
ピーチは受託手荷物や座席指定に応じて3つの運賃に分かれていますが、もちろん予約したのは一番安いタイプ。座席指定不可、受託手荷物有料、変更有料というものです。荷物は機内持込で十分でしたし、座席もたまたま窓際に配置されたので特に気になりませんでした。

シートが狭かったですが、飛行時間が1時間程度だったことと、隣が若いお姉さんだったので気にするほどではありませんでした。ただ、もし隣が大柄な男性だったら狭いな〜と感じますし見ず知らずの男性の方と狭い座席でいるのが苦痛な人には向かないだろうな〜と、感じてしまうほどのスペースだと思います。

福岡空港ではさほど気になりませんでしたが、関西国際空港では隣のターミナルまでバスで移動が必要だった為、ちょっと面倒だな〜と感じました。

でも総合的に見ると、かなりお得!
 個人的にはLCCの利用はとってもオススメです!子連れの時は大手航空会社、一人旅の時はLCCなどと、状況に対してうまく使い分けできれば便利だと思います。

パッケージ商品|ツアー商品

パッケージ商品
・『パッケージ商品』とは、 飛行機とホテルがセットになったパック旅行 のことで、各旅行会社でオリジナル商品が展開されています。
旅行先でホテルを利用する場合、パックで予約した方が安いこともあるんです! さらに、+αの特典が付随してくることがあります。例えば沖縄だと『レンタカー付き』ですとか、東京だと『京急往復チケット』、テーマパークだと『現地までのリムジンバス』などです。冒頭でオススメした『旅行比較サイト』を利用すると、旅行会社を決めるのもスムーズです。
ツアー商品
・『ツアー商品』とは、観光付きの団体ツアーを指します。ツアー商品の中には、『1日目の観光に参加必須で、あとの2日は終日自由行動』なんていうものも存在します。飛行機の時間は選べませんが、観光もしたいけれど友人に会う時間もほしい! なんていう人にはピッタリ。それとツアーは何かと利点が多いです。
たとえば京都旅行だったりした場合、市街地から離れた世界遺産の寺院をたくさん回りたいけど、毎回タクシーに乗ったら大変な金額になります。それにたくさんの名所を自身にて計画を立てて回るのは意外と大変なんです。その点、ツアーになると、観光名所も効率よく回れますし、なんせ移動中はバスで寝たり休んだりできるので観光を十分に楽しむことができる利点があるんです。
それと、価格的にみてもパックの自由旅行より安いケースが多いです。ただ天候などの影響でツアー中止になってしまうこともあるデメリットもありますので、あくまで団体ツアーだと承知した上での参加をすすめします。

番外編・海外航空券

 ここまで国内旅行でのお得なチケットの買い方をご紹介してきましたが、海外旅行だとどうなるのでしょう? 海外旅行に慣れていない人はパックで予約することが多いかもしれませんが、慣れてきたら航空券の単品買いにも挑戦してみたいところですよね。

 海外航空券は、曜日でかなり料金が変わってくることが多いです。航空会社のホームページでシミュレーション出来るのですが、帰る日を1日ずらすだけでガクッと値段が下がることもあります!
 また、地方在住の方は出発地を『羽田空港』、『成田空港』にすることで値段を抑えられる傾向にあります。例えば、 “福岡→シンガポール”を利用する際、直行便よりも“福岡→羽田→シンガポール”の方が安いなどということがあるのです。乗継が面倒でなければ、ぜひ日本の首都・東京からの出発を選んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。飛行機のチケットひとつでも、様々な買い方があることを知っていただけたでしょうか。状況に応じて、その時一番お得なものを見極める手助けになれば幸いです。是非次の旅行で試してみて下さいね。

はるか

347 views

旅行代理店での勤務経験を元に、旅行を中心とした記事を得意とするママライター。 3人の子どもを育てながら日々楽しく文章を書いています! 趣味はドライブ。アウト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

サイトメニュー一覧